2020年3月歌舞伎座の映像

当代一の「新薄雪」

 

 一月三十日に思いもかけず病気に倒れ、二月の歌舞伎座は見ることが出来な

かった。幸い全快して三月の芝居に行こうと思っていたら、今度は新型コロナ

ウイルスのために各座閉場である。がっかりしていたらば、四月十七日から三

月歌舞伎座の無観客で収録した映像が無料配信になって公開されたのを見るこ

とが出来た。以下はその前代未聞の映像劇評。とりあえず「新薄雪物語」の詮

議と合腹の二幕である。

 今度の「新薄雪物語」が楽しみだったのは、吉右衛門の幸崎伊賀守、仁左衛

門の園部兵衛、魁春の梅の方という顔合わせのためである。三人ともにすでに

実験済みであり、抜群の成績であったにもかかわらず、吉右衛門の伊賀守と仁

左衛門の園部兵衛の顔合わせはこれまで実現しなかった。今度が初顔合わせ。

この顔合わせがよかったのは後に詳しく触れる。

 まず詮議から。吉右衛門の伊賀守は、前回初役の時はこの場はさしたること

もなかった。しかし今度は娘薄雪姫に疑いのかかる前後のジッと芝居を受けて

いる具合、苦々しい危機感のうちに娘への愛情が一入よく出ている。

 ことに左衛門が手詰めになって行くのを受けている芝居、娘薄雪姫と奥方松

ヶ枝の芝居を受けているところ、ともに地味な芝居ながら、表に憮然たる表情

を浮かべ、内に娘可愛さの気持ち溢れる微妙な芝居が味わい深い。

 仁左衛門の兵衛との対照もいい。この二人だとまずニンの違いが対照的で面

白い。その上で二人共通して人間描写が深くかつ芝居の運びがうまい。仁左衛

門の「盛綱陣屋」に吉右衛門が和田兵衛を付き合った時にもそうであった。片

や生締めの鬘に白塗り、片や赤ッ面に菱皮の鬘。そういう対照がしっくりいく。

今度も兵衛の仁左衛門が生締めの白塗り、伊賀守の吉右衛門が砥の粉にゴマ塩

の鬘の老け役。対照的でいながら人間の深さで共通する。たとえば二人が花道

七三へ行って子供たちの始末について談合する。そのハラの探りあいから同じ

気持ちになるところが面白い。あるいは幕切れの伊賀守の「アノそこもとが」

に兵衛が「お互いに」伊賀守の「お互いに」の割りぜりふ。吉右衛門が強く被

せると仁左衛門が柔らかく下から出る。変化の妙であり、イキの付かず離れず

の面白味である。

 仁左衛門の兵衛がいいのはいうまでもない。左衛門をとらえての「おのれこ

れほどのことを仕い出しながら」から「なぜ切腹せぬ」「不所存者め」のハラ

に涙を持っての折檻、息子に対する父親の曰く言い難い愛情鮮やかである。

 梅玉の葛城民部はいまだ手探りだった。詮議はおろそかにはせぬというとこ

ろ、あるいは国行の死骸を改めての「たしかに大膳、大胆不敵な」と言い紛ら

せる変わり目がハッキリしない。この役にはさわやかさと決断の厳しさが必要

だろう。

 歌六の秋月大膳は梅玉とのイキが合わず、そのために突込みが効かずに残念。

 雀右衛門の伊賀守の奥方松ヶ枝、幸四郎の左衛門、孝太郎の薄雪姫、橘三郎

の清水寺の僧。

 つづく園部館はいつも通り広間と合腹の二場。

 仁左衛門の園部兵衛は前回通り。薄雪姫を叱って落としてやる情愛、刎川兵

蔵が持参した陰の太刀の血糊を見て「一緒にーーーアッ」と伊賀守の真意を知

るところ、ともに十二分のよさ、当代一の兵衛である。

 魁春の梅の方も前回に続いて、品格、嫌味のなさ、コクともにいい出来。

 孝太郎の薄雪姫、扇雀の腰元籬、芝翫の妻平。

 錦之助の刎川兵蔵は悪くはないが、この人はやっぱり左衛門の人である。前

回の又五郎の刎川兵蔵のように舞台の空気がガラリと変わるところまではいか

なかった。たった五六分舞台にいるだけの役なのにむずかしいものである。

 廻って合腹。

 吉右衛門の伊賀守は、前回通りの傑作。その傑作である理由は前回触れた

(「感動的な吉右衛門の伊賀守」拙著『渡辺保の歌舞伎劇評』所収)からここ

では繰り返さない。私は初代吉右衛門の伊賀守以来、いろいろな人のこの役を

見て来たが、この人の伊賀守ほど、死を目前にしてこの世への絶望と、全てか

ら解放された自由さの痛切なこと、戯曲の趣旨に沿った舞台を見たことがない。

この悲劇の骨格の鮮明さはだれの伊賀守にもなかったものであり、ましてこう

いう世の中になって見れば、伊賀守の痛恨はますますその意味が深い。

 花道の出は「焼野の雉」と「歩みかね」の二度、さり気なく止まっていなが

らキチンと床の文句に嵌っている。あっさりしているようで技巧に堕さないと

ころがいい。梅の方への問いかけの不安、「ただ木像の如きなり」の下手向き

になって首桶にかけていた右手を膝に左手を膝に置いてきまるともなくきまる

具合の微動もしない存在感の重さ、いずれもいいが今回取り分けていいのは左

衛門を叱る「バカ幽霊」の件りである。前回もここの断腸の大怒号、胸を抉る

名調子であったが今回はそれに加えて芝居のうまさが光っている。すなわち左

衛門の声を聞いて梅の方が立つ、それを座ったまま刀を横にして押さえての大

芝居、せりふのうまさ、「人間ではあるまい、ウウウ但しは」といって思わず

「幽霊」と出て「か」といって「ヤイ、左衛門のバカ幽霊」になり「娑婆に名

残りが惜しいか」と梅の方を見るもっともという情、「うろたえ幽霊」と大き

くいって梅の方を抑えていた刀を外し、コジリをトンと下に突いて「なくなれ

ええ」と大音声になる具合。せりふのうまさ、芝居運びのうまさ、芸の面白さ、

ともに初代吉右衛門の伊賀守を彷彿とさせる芝居の運びである。むろん演じて

居ることは前回通りであるが、前回とはモノが違う円熟ぶりである。

 仁左衛門の兵衛またよく、後半二人の心が水の低きに流れる如く落ち合う面

白さ。男二人の親同士の友情が鮮明である。これに魁春の梅の方の品位を加え

て今日の歌舞伎最高の「三人笑い」である。

 雀右衛門の松ヶ枝、幸四郎の左衛門。

 なんといっても誰もいない客席に役者が出てくる芝居の虚しさ。いかんとも

しがたいが早くコロナが沈静して、もう一度この顔触れで満員の歌舞伎座で見

たいと切に思う。  

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る