2020年8月歌舞伎座

幸四郎の与三郎

 

 八月三日、三月以来新型コロナ流行のため休場していた歌舞伎座が、八月一

日に半年ぶりに開幕。その三日目を見た。

 場内に入るのに玄関でまず検温、手の消毒をしていよいよ客席に入ると、座

席は一人オキ、東西の桟敷は売り止めで、後ろの廊下に向かって扉が開けっ放

しになっているという一種異様な雰囲気である。

 しかもはじめての昼夜四部制。一部一本、一部ごとに入れ替えという興行方

式で、とりあえず第三部の、猿之助の忠信、七之助の静御前、猿弥の早見藤太

で「道行初音旅」を、続いて第四部の幸四郎の与三郎、児太郎のお富、弥十郎

の蝙蝠安、中車の和泉屋多左衛門、亀蔵の番頭藤八で「源氏店」を見た。

 なかでは断然幸四郎の与三郎がいい。なんとなく落ち着かない舞台の中で、

この与三郎だけは立派な出来、収穫である。

 いつもは蝙蝠安と二人並んで花道を出るが、今度は安が先へ出てグッと遅れ

て与三郎が出る。その出て来たところの体の持ち味の柔らかさ、沈んだうちの

はなやかさが、まずこの与三郎がいい出来であることを思わせる。もつともこ

の与三郎には、鋭く、殺気立った凄味はない。その代わりにいいのは、もとは

江戸元山町の鼈甲問屋伊豆屋の惣領息子という人品の良さ、大家に育った優し

さである。最近は滅多に出ないが七幕目の元山町伊豆屋の表、深夜に与三郎が

父親に会いに来る場面を思わずも思ってしまった。あの場をこの幸四郎の与三

郎で是非見たいと思ったからである。

 さて安にいわれて内ヘスッと入る科、キビキビはしていないが、自然で極く

すんなりしているのがいい。安が大声を出すのを止めようとしてお富に気づく

のもオーバーでないのがいい。

 いよいよ「しがねえ恋の情けが仇」になる。下手から立っていつもの居どこ

ろ、自然に懐手になってきまるともなくきまる具合がふんわりとしかもリアル

でいい。それからのせりふも十分余裕があって聞かせる。

 しかし後半になって多左衛門とのやり取りは、前半の快調さに比べて平凡。

その理由は、多左衛門とお富への嫉妬が薄いからである。

 安に帰れといわれて「そんなにいわなくってもいいじゃァないか」が、この

調子ならよかろうと思いの他に冴えないのは、この前後が嫉妬と激情、凄味が

無くてキッパリしないからである。

 安との分け前は花道でなく本舞台下手。ここで安と別れて幕切れにもう一度

出てお富との再会の幕切れは、原作の次の場から取って仁左衛門が始めた演出

だが、今日はいきなり抱き合わずに手拭いの端を持ち合っての「ソーシャルデ

スタンス」。それからその手拭いを手繰り合って抱き合うのが析のカシラであ

る。

 さて、この幸四郎の大当たりに対して、周囲がよくない。まず期待した児太

郎のお富は、甘ったるい声をだすところと、ギスギスした凄味なところがバラ

バラで別な女のように見える。この人はやはり悪婆よりも赤姫の人である。

 弥十郎の安は、なまじうまい人だけにそれらしいところはあるものの、歌舞

伎の芸のツボと微妙に違うところで失速している。こういう役はむろんリアリ

ティが大事だが、それと同時に組み上げた型を磨いて磨いて、その結果人間が

浮かぶというのも大事。その結果、型が生きるかどうかが勝負であり、成功す

ればその型の面白さで芝居は盛り上がる。弥十郎もよく型を学んではいるが、

どこか微妙にツボが違う。たとえば与三郎がなかなか帰らないので「生いうね

え、生いうねえ」と思わず声が大きくなるところ。もう一息なので、そのため

に芝居が生きず、人間も浮かんでこない。

 同じことは亀蔵の藤八にもいえる。この人もなまじ腕があるだけにさっとリ

アリティに走るから新作の時代劇になってしまう。たとえば「欲しがるところ

は山々ある」というのは「忠臣蔵九段目」の戸無瀬の有名なせりふをもじって

いる。今時そんなことを知っている観客は少ないからという配慮からだろう。

「望みの山はいくらもある」といっている。そうなると名ぜりふのパロディを

いっているという滑稽さがなくなる。

 なかで一番無難なのは、歌舞伎らしい味は薄くとも、中車の和泉屋多左衛門

である。教わった通り神妙にやっているから見ていられる。

 幕開きは諸事簡略で、黒板塀の妾宅の門口はカット。幕が開くといきなりお

富はもう火鉢の前に座って板付き、女中が上手一間で浴衣を衣桁に掛け、藤八

が座敷を見廻しているという見得。この前に亀蔵の御挨拶のアナウンスがある。

 さて第三部の「道行初音旅」は、猿弥のアナウンスがあって幕が開くといつ

もの大道具と違って上手に清元の山台、続いて斜めに竹本の山台。上手ばかり

がゴチャゴチャしていてよくない。幕切れの忠信の引込みを引き立てるためだ

ろうが、もう一工夫ほしい。全員黒地の前に垂れるマスクでだれがだれやらさ

っぱり分からず。

 七之助の静御前は、歌舞伎座の花道へスーツと出ておかしくなくなって来た

のはいいが、

七三の茂みを掻き分ける振りは意味が分からず、もう一歩。本舞台へ来ての、

「谷の鶯」もさしたることなし。

 「遅れ先立つ」猿之助の忠信は、意外にも体付き、踊りにキリッと締まった

ところがなく、歌舞伎役者らしい持ち味もないのは、どうしたことだろうか。

 というわけで「天井抜けて」は二人ともに面白くない。七之助の静御前がや

っと「まがい道」から本街道に出るのは、「万歳」から。ここはいかにも御殿

の御愛妾が座興に踊っているというところがあり、なお手ぶりも新鮮でいい。

とかく薄っぺらに成りがちなところを面白く見せたのはお手柄。

 続いて猿之助がよくなるのは、その後の戦物語。キリッと締まった動きであ

りながら、「帰る雁」の柔らかさ、叙情味も出て、この役ではここ一番のよさ。

 猿弥の早見藤太は、この一幕中では安定した出来。いつもは花道でやる花四

天とのやり取りが、本舞台に移ったために不自由ったらしい。桟敷に客を入れ

ていないためだろうが、いらぬ配慮である。

 最後は静御前を先に入らせて、忠信が、蝶に戯れるうちに白地に狐火の模様

にブッ返って狐になる、初代猿翁以来の澤瀉屋一流の演出で大受けである。

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る