2020年9月歌舞伎座 

第一部、第二部

猿之助のかさね

 

 九月三日、九月一日に初日を開けた歌舞伎座の第一部、第二部を見た。第一

部は梅玉、錦之助、松緑の「対面」、第二部は幸四郎、猿之助の「かさね」で

ある。なかでは猿之助のかさねが先月の狐忠信とは違って抜群の上出来である。

 「対面」は、祝祭劇であると同時に役者の芸とニンのよさを見せる芝居であ

る。したがって儀式性と同時にその人の芸風が大事である。

 その点、この「対面」では錦之助の十郎が当代もっとも十郎らしい十郎でい

い。対面三重で花道を出たところ、後ろから来る五郎の動きに少しも構わず、

辺りに人なきが如きマイペースで出てくる具合の、おっとりと柔らかく祖父三

代目時蔵の面影を偲ばせる古風さである。抜き衣紋の具合も手ごろでおかしく

ないのは、役のニンに錦之助が合っているなによりの証拠である。いつもの花

道七三での芝居がコロナ対策のためだろう、本舞台下手黒御簾の前でやるので

引き立たず、まことに見伊達がないのが残念。

 それから工藤にいわれての名乗り、「露と消えたる赤沢山」の「赤沢山」の

憂いでほのかに父を討たれた口惜しさと哀れさを滲ませる具合、優美な出来。

それから五郎を止めての心ずかい、幕切れまで近来の十郎である。

 対する五郎は松緑。花道へ出たところ、心技一体、今が見ごろの花である。

長袴の右足を一寸小さく形容で出す何回かの動き一つで、体から溢れ出る力が

あきらかになり、それが身体全体の力の表現になっているのは、型が自然に身

体化されているからであり、これが荒事の本道である。

 それからのいくつかの見得の中には、いくらか勢いが足りないところがある

のは、今日の客席のまばらさ故仕方がない。改めて観客あっての歌舞伎である

ことを痛感させられる。

 「今日ぞ」の盃へ近ずくところは、今一歩ツヤがあってもいい。ここではい

つものせりふ尻の切り方の悪い癖が出ているのも残念。

 工藤は梅玉。十郎ならば天下一品のこの人が、工藤に廻らなければならない

のは、我人ともに不幸せというほかない。役者の格、この一座の顔触れの中で

の座頭としての貫禄は十分だが、いかんせん味わいがない。工藤は底に敵役の

凄味がなければならず、その凄味を隠すだけの立役の大きさ、深さがなければ

ならない。その深さがあってはじめて味が出る。

 魁春の大磯の虎が、風格と味わいを見せて歌右衛門最後の大磯の虎を思い出

させた。

 米吉の少将は娘々して、とても傾城とは見えず、こういうところが見掛けが

全てであるこの芝居のむずかしさである。

 又五郎の朝比奈は、どういうわけか、丸味に欠けて貧弱。曽我兄弟を呼び出

すために花道へ行く鳴り物に合わせた動きなど、全く空疎であった。上手の手

から漏れた水か。

 歌六の鬼王、亀蔵の近江、莟玉の八幡、橘三郎と吉之丞の梶原親子。それに

吉三郎以下の並び大名が手揃いでしっかりしている。

 「かさね」は、八月以来ここまで私が見た中ではもっとも面白く、久しぶり

に芝居の面白さを堪能した。

 幕が開くと隼人と鷹之資の黒四天二人の埃鎮めがあって、小さく析が入って

すぐ延寿太夫、栄寿太夫、三味線菊輔の清元になる。

 バタバタになって向こうから糸立てを被った幸四郎の与右ヱ門、続いて日傘

を持った猿之助のかさねが出る。

 サァこれからと思いの外、花道の間は二人ともにさしたることもなかった。

幸四郎の与右ヱ門は、八月の切られ与三と違って多少の凄味、悪の気配もあっ

て面白いが、猿之助のかさねがここは平凡だったからである。ただ「蛍火も」

で、与右ヱ門と背中合わせになって、本舞台上手辺りを遠くボーッと見ている

表情に、この女の、男に逃げられそうになっている女の不安と危惧と絶望が入

り混じって匂うのが面白かった。これが猿之助のかさねの基調音かも知れない。

 猿之助が本領を発揮して盛り返すのは、その後本舞台へ来てからの最初のク

ドキ「いう顔つくづく」になってからである。まず最初に「ひょんな縁で」で

左袖を袂から畳んできて胸に抱く。その振りの厚味、こってりした踊りの感覚

がいい。それからの「去年の初秋盂蘭盆会」のお定まりのクドキの振りが、よ

く踊ってしかも心持がしっかりしていて面白い。たとえ振りは同じでも、他の

人のかさねとは一味違う猿之助一流の特色がよく出ているからである。

 くどきの最後の騒ぎ唄、「入れ黒子入れ黒子」もワッと来る面白さではなく、

グッと抑えてジンワリと浮かぶ面白さである。ここがこのかさね一番の出来だ

った。

 しかしこのかさねにはもう一つの特色がある。それは女形のかさねと違って、

顔が変わってからのかさねに凄味と化け物の奥深さのあることである。もっと

もそのために二度目のクドキ「帯のやの字を前垂れに」からに哀れ気が薄いけ

れども、踊りとしてはここも十分面白い。しかもかさねの性別を超える怖さが

出る。続いての鏡を見ての愁嘆から「我と我が身に」はここの哀れさ、女とし

てのドラマが出るのはこれからだろう。しかしいよいよ「鬼女の有様」の藪疊

の向うの立木に掴まっての見得から、お定まりの土橋の上の傘を担いだ与右ヱ

門との上下の見得まで、いずれも細かい工夫があって、造形が深く面白い。

 対する幸四郎の与右ヱ門は、芝居は十分であるが、踊りがよく消化されてい

ないために、錦絵になるべきカドカドの見得の形が悪い。与右ヱ門の姿がよく

見えるのは足の形一つによるが、その足の使い方が幸四郎はよくない。そのた

めにベッタリして形が平面的で醜く見える。その上この与右ヱ門はとかく踊り

が説明的に浅くなる。私はこういう酷い目に会っています、といった説明がと

もすれば出るのは、振りが幸四郎自身の身体に消化されていないからである。

 最後に一言。これは今回の「かさね」に限った事ではないが、最近の「かさ

ね」は誰がやっても二つの欠点を持っている。一つはかさねが帯を野球のバッ

トのように振り廻して、所作台を叩くこと。もう一つは連理引きを何回もくど

くやること。この二つをやるとせっかく作った怪談の凄味が消えて嘘っぽく見

えるし、大切な余韻がなくなってしまう。清元の「消ゆる姿の八重撫子」とい

うところもまるで聞こえなくなってしまう。作者が苦心して「奥の細道」から

取った一句、この一段のテーマでもある「八重撫子、これやかさねの名なるべ

し」が吹っ飛んでしまう。ぜひこの二点は直してほしい。

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る